ブログ
2023.08.20 データベース

【必見】DXの進め方7つのステップ!DXを進める際に気を付けたいこと3つや、企業の取組状況についても解説

「これからDXを行おうと思っている」

「DXってなんだか難しそう」

「どうやってDXを進めたらいいのか分からない」


このような気持ちを抱いていませんか。


「DX」、近頃よく耳にするようになりました。

テレビやネット、社内でも当たり前のように使われているビジネス用語ですよね。

しかしDXの意味や進め方について、きちんと理解しているという方は少ないのではないでしょうか。


この記事ではDXの進め方を7つのステップとして紹介し、取り組む前に気を付けておきたいことなどを解説していきます。

DXに関心のある方はぜひご一読ください!


シンプル操作で誰でも使える!コスパの高いデータベースソフトは「PigeonCloud」

DXとは?

DXとは、「デジタル・トランスフォーメーション」の略語です。

直訳すると「デジタル変革」となります。


DXはデジタルツールを使って業務を効率化し、ビジネスに変革を起こすことを目的としています。


現代はまさにデジタル社会。日々、様々なITトレンド、デジタルツールが生まれ世間を賑わせています。


このような変化の激しい時代、どんな企業もこれまでどおりのビジネススタイルではいられないはず。

時代にあわせて、社会に適応したビジネスが求められるのです。


このような時代背景もあり、デジタル技術を使って自社のビジネスを変革させる「DX」という考えが広まったのです。

DXとは
  • D=デジタル技術
  • X=変革

DXとは、デジタルツールを駆使してビジネスに変革を起こすこと

企業のDXの取り組み状況は?

各企業において、DXはどのくらい進んでいるのでしょうか。取組状況を調査したデータがあるので見ていきましょう。

参考資料*一般社団法人日本能率協会「日本企業の経営課題2022」


こちらは一般社団法人日本能率協会が「DXへの取組状況」について、全国の主要企業に調査した結果です。


結果をみると、2022年はすでに半数以上の企業でDXが始まっていることが分かります。

さらに3年間の推移に注目すると、年々DXを始める企業が増えているということに気付くかと思います。


この調査から分かるようにDXは着実に広がりつつあります。

しかし、まだまだ理解していない、着手していない企業がいることも事実。


来年、再来年にはさらに多くの企業がDXに乗り出していくでしょう。

まだ始めていない企業も、早めに計画・実行することをおすすめします。


「DX導入を検討している」「DXの必要性について知りたい」「DXの導入事例を知りたい」このような気持ちを抱えていませんか。DXという言葉、流行り...

DXの進め方7つのステップ

ここからはDXの進め方を解説していきます。と言っても、この順どおりにやらなくても大丈夫です。

企業ごとに取り掛かる優先順位があると思いますので、一例だと思ってご一読ください。


  1. 事前準備を行う
  2. 社内に情報共有する
  3. DX推進担当の決定
  4. 課題設定・共有
  5. デジタルツールの選定・定着
  6. 使用状況の確認・課題の吸い上げ
  7. 改善を続ける


順番に解説していきます。

ステップ1. 事前準備を行う

まずはDXを推進するための準備を行います。

自社でDXを行う目的・目標を定め、導入するツールの目星をつけておきます。


そしてデジタルツールの導入にどのくらい費用を要するのか、成果が出るまで大体どのくらい時間がかかるのかを確認しておきます。


社長発信ではない場合は、社長の合意・情報の共有を行います。

ステップ2.社内に情報共有する

次に社員全員にDXを進めていくことを共有します。


その際に大切なのが、社長自らDXの重要性について伝えることです。

社長自身が発信することで社員の理解・納得感が得られ、DX推進につながります。


なかにはDXに反対する社員もいると思います。

そのため一度きりではなく何度か伝え続けると、理解してもらいやすいでしょう。

たとえば朝礼、社内メール、管理職から伝えるようにする等、周知を徹底しましょう。

ステップ3.DX推進担当の決定

DXを進めるにあたり、推進担当を決めるようにしましょう。

推進担当は、上司や現場、ベンダーなどさまざまな人と連携・調整する役割を担います。


そのためデジタルに強いというだけではなく、推進していく力があるかどうかという点を重視し、優秀な人材を選ぶようにしましょう。


また推進担当を決めるとともに、そのサポート体制をつくることを忘れないようにしてください。


推進担当は業務量が多くなったり、心理的にストレスを感じることも考えられます。

一人で頑張らせるのではなく、上司やサポートメンバーが支援できる体制を構築しておきます。

ステップ4.課題設定・共有

社内の課題について洗い出していきます。そしてその中から、優先的に効率化する業務は何かを考えます。


たとえば「作業に時間がかかりすぎていないか」、「業務プロセスは効率的となっているか」といった習慣化している社内ルールを見直してみることも良い方法です。

課題をまとめたら社員全員に共有します。

ステップ5.デジタルツールの選定・定着

課題解決のためのツールを選定します。

ツールのお試し期間中には、実際に社員に利用してもらい課題解決につながるか、使い続けられそうか確認します。


そして社内で事前セミナーを開催し、操作方法やマニュアルの確認などを行い、ツールの定着を図ります。

ステップ6.使用状況の確認・課題の吸い上げ

デジタルツールを導入後は、何かと問題が発生することが多いです。

そのため現場の使用状況を適宜確認するようにしましょう。


現場からは、さまざまな意見・課題が出ると思うので、それらを整理し対処していきます。

意見や課題はすべてに対応するのではなく、重要だと思われるものを優先的に対処していきます。

ステップ7.改善を続ける

「課題→対処」を繰り返し問題の改善に取り組み続けるうちに、DXの範囲が広がっていきます。


DXは一過性のものではなく、「継続」することが大切です。

継続することで、社内でもDXへの理解が進み、業務の変革へと近づいていきます。


「DXを始めるためにはどうすればいいんだろう」「DXのコツや注意点を知りたい」「DXにおすすめの製品を知りたい」このような気持ちを抱えていませ...

DXを進める際に気を付けたい3つのこと

ではDXを進める際、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか。まとめていきます。


  1. スモールスタートで行う
  2. じっくり・ゆっくり取り組まない
  3. ノーコードツールを活用する


順番に解説していきます。

1.スモールスタートで行う

デジタルツールを取り入れる際は、部署単位や係単位など少人数からがおすすめ。


大人数で開始してしまうと統制をとるのが難しいですし、ツールが合わなかったときにやり直すことがむずかしくなります。

少人数で始めて、軌道に乗ったら導入範囲を広げていきましょう。

2.じっくり・ゆっくり取り組まない

DXに取り組む際は、「じっくりやっていこう」というスタンスはやめましょう。


なかなか成果を出せずにいると、周りから「お金と時間が無駄」「やる意味あるのか」といった反発が出るようになります。

小さくても構わないので、3か月から半年程度で結果を出せると良いでしょう。

3.ノーコードツールを活用する

デジタルツールのなかには、ノーコードという種類があります。

ノーコードというのは、専門知識がなくても利用できるもののことを言います。


ITに不慣れな方が多い場合は、ノーコードツールを利用するようにしましょう。


「ノーコードってどういう意味?」「データを効率的に管理できるツールを探している」「ノーコードでデータベースが作れる、おすすめのツールを知...

DXを進めるのにおすすめのツールを紹介

ここからはDXにおすすめのツールを1つ紹介します。


こちらは「ノーコード」のデータベースソフトなので、専門知識がなくても簡単に操作することができます。

企業のさまざまなデータをまとめて管理していくことができますよ。

「データベースソフト」のPigeonCloud(ピジョンクラウド)

PigeonCloud(ピジョンクラウド)は、株式会社ロフタルが提供するクラウド型のデータベースソフトです。


PigeonCloudは、「データベースソフト」ですので汎用性の高さが特長です。

顧客管理やタスク管理、日報管理、商談管理、勤怠管理など、社内のさまざまなデータを一元管理していくことができます。

加えてノーコード製品なので、専門知識がなくても問題ありません。


そんなPigeonCloudの魅力は、「低価格」・「標準機能の充実度」・「サポート力」です。

PigeonCloudは有料のデータベースソフトのなかでもとりわけ低価格なので、コストを重視する場合にオススメ。


また他社では別途費用がかかるような、「帳票出力」や「ルックアップ自動取得」、「自動採番機能」など高度な機能が標準装備しています。


PigeonCloudはまだまだ知名度の低い製品ですが、コスパが高く機能も充実しているため、「なるべく予算は抑えながらも良いものを使いたい!」そんな方にぜひ使っていただきたいソフトとなっています。


PigeonCloudはチャットツールであるSlackやChatworkとも連携することができます。併用してDXに取り組んでいきましょう。

価格(月額利用料)
  • ユーザー数プラン 800円~1,000円/一人あたり
  • 同時ログインプラン(利用者数は多いけれど同時に接続する人は少ない場合、お得に利用できる)


おすすめポイント
  • ノーコード
  • 汎用性が高い
  • データ容量100GB
  • 低価格
  • サポートが手厚い
  • 標準機能が充実
  • データ分析機能
  • スマホ、タブレットOK
  • 直感的な操作性
  • 社内のデータを一元管理
  • クラウド型、オンプレミス型に対応可能
  • チャットツールとの連携
  • ISMS認証取得


公式サイト:PigeonCloud

まとめ:DXの進め方

この記事ではDXの進め方や意味、気を付けたいことについて解説してきました。

DXは準備段階から考えるべきことがたくさんあるので、尻込みしてしまう方もいるのではないでしょうか。


しかし、このデジタル時代を生き抜いていくためには、DXは避けては通れません。

まずはこの記事を参考に、DXを始めてみてはいかがでしょうか。


しかし「DXを始めるにしてもツールはどうしようか」と悩むことがあると思います。

DXの一歩目は、社内のデータをまとめて管理できる「データベースソフト」がおすすめです。


今回紹介したPigeonCloud(ピジョンクラウド)について興味を持っていただきましたら、公式サイトから資料ダウンロードや無料トライアルを申し込んでみてください。


また、製品の公式サイトを見ていても具体的にイメージできないことがあるかもしれません。そんなときは、お気軽に問い合わせフォームから提供会社へ相談をしてみてくださいね。


シンプル操作で誰でも使える!コスパの高いデータベースソフトは「PigeonCloud」


関連記事

「DXをしていきたいけど、どんなツールを使えばいいのだろう」「DXで業務効率化を実現したい」「DXにはなぜクラウド化が必要なの?」このような気...


「社内の業務を改善したい」「DXで業務効率化ができるの?」「DXってよく分からない」このような気持ちを抱いていませんか。DXは、デジタル・トラ...


「DXってなに?」「DXができるツールを探している」「DXツールってどんな風に探せばいいの?」このような気持ちを抱えていませんか。新型コロナウ...


「日本のDXの課題ってどんなことがあるだろう?」「自社のDXの課題を解決したい」「業務効率化のヒントを知りたい」このような気持ちを抱えていま...


「Excel管理はもう限界」「Excelと同じ用途のサービスを探している」「脱Excelした方がいいのか分からない」このような気持ちを抱えていませんか。...


「Webデータベースってどういう意味?」「無料で使えるWebデータベースを知りたい」「Webデータベースのおすすめを知りたい」このような気持ちを抱...

この記事を書いた人
PigeonCloud編集部 PigeonCloud Editorial Department
データベースやExcelに関するお役立ち情報を発信中です! ITを通して、皆さまの仕事に“プラスα”をお届けします。