ブログ
2022.05.09 データベース

【必見】kintoneで帳票出力する方法まとめ!3つのプラグインや、より安価なサービスを紹介

「kintoneで印刷をしようと思ったけど、上手くできなかった」

「口コミで「kintoneの印刷機能は弱い」と知って、導入が心配」

「自社独自のフォーマットで帳票出力したい!」

このような思いを抱えていませんか。

この記事では、kintoneの帳票出力の現状や、企業独自の帳票フォーマットで出力する方法やプラグイン、より安価なサービスについて紹介していきます。

kintoneの帳票出力について関心のある方は、ぜひご一読ください!

kintoneと類似したWebデータベースサービス!コスパ重視派はこっち!PigeonCloud

kintoneの帳票出力・印刷の現状

kintoneはサイボウズ株式会社が提供する、クラウド型のWebデータベースツールです。

kintoneは、紙やExcelで管理している社内のさまざまなデータを、クラウド上に一元化するサービスで、多くの国内企業へ導入されています。

多様に使えるkintoneですが、いくつか弱点があります。

それは、標準機能では出来ることが限られているということです。

標準機能で出来ないことは、拡張機能プラグインを使うことで、カバーができるのですが、拡張機能プラグインは有料であることが多いのです。

その例として、帳票出力機能が挙げられます。

kintoneの標準機能でも書類を印刷することはできるのですが、実務で使いにくいという声が多く挙がっています。

kintoneで印刷した見積書。
ヘッダーやフッダーに不要な事項が記入してある他、この見積書では簡易的すぎて、取引先へ送付するには物足りません。


なぜ、kintoneの出力機能は使いにくいのでしょうか。

その理由の一つに、kintoneでは企業独自のフォーマット(Excelなどで管理している書式)をアップロードして使うことができないという現状があるからです。


そもそも多くの企業では、kintone導入以前から使用している、企業独自の帳票フォーマットがありますよね。kintoneの標準機能では、その帳票フォーマットをkintone内にアップロードできないため、出力の際に苦労をされている方が多いのです。

kintoneの出力機能は簡易的すぎるし、企業独自の帳票フォーマットもアップロードして使うことができないのでは、どうしても作業効率が悪くなってしまいます。

企業独自の帳票フォーマットをkintoneへアップロードし、その帳票を使って出力までできると、作業が格段に楽になります。


では、「楽」に帳票出力するにはどうしたらいいのでしょうか。


  1. 有料プラグインを使う
  2. kintoneから乗り換える

順番に紹介していきます。

kintoneで帳票出力できる3つの有料プラグイン

kintoneは帳票出力に弱いという特徴があります。そんな短所を補う、帳票出力系のプラグインがいくつかあるので紹介していきます。

  1. プリントクリエイター(トヨクモ株式会社)
  2. RepotoneU(株式会社ソウルウェア)
  3. ドキュトーン(株式会社オプロ)


1つずつ解説していきます!

1.プリントクリエイター

プリントクリエイターは、トヨクモ株式会社が提供する、帳票出力の外部連携サービスです。

一般的に帳票作成はExcelで行うことが多いと思うのですが、この製品はPDF出力に特化したサービスです。他のトヨクモ製品との相性も抜群なプラグインとなります。

料金プラン

  • ライト 6,000円/月額
  • スタンダード 9,000円/月額
  • プレミアム 14,000円/月額


特徴・注意点
  • PDFに特化している(PDF以外は出力できない)
  • 他のトヨクモ製品との相性が良い
  • 外部連携サービスのため、別途ログインが必要
  • 複数枚登録するにはプレミアムプランになる


公式サイト:プリントクリエイター

2.RepotoneU(レポトンユー)

RepotoneUは、株式会社ソウルウェアが提供するプラグインです。
Excel出力、PDF出力、ExcelとPDFのダブル出力(Proプラン)の3つのプランを提供しています。


ExcelとPDFプランは買い切り型となっているのが特長。
プラグインは雪だるま式に費用がかかってくるため、買い切り型がある点は大きなメリットとなります。

料金プラン
  • Excel版 200,000円(買い切り)
  • PDF版 98,000円(買い切り)
  • Pro 月額15,000円/ドメイン


特徴・注意点
  • Excel、PDF版は買い切りだが、上位プランのProは月額制
  • 帳票を複数枚登録できるのはProプランのみ
  • ドラッグ操作で帳票のデザインができる
  • レコードの一括出力や一覧出力が可能


公式サイト:RepotoneU

3.ドキュトーン

ドキュトーンは他社と比べて、より安価な帳票出力プラグインです。

そして大きな特徴がWordやExcel、PowerPointで出力が可能というところです。なお、PDFへの出力には対応していませんので、注意が必要です。

ただ、設定面が少しややこしいというデメリットがあります。


料金プラン
  • 月額費用 1ユーザー 980円(5ID~)


特徴・注意点
  • Word、Excel、PowerPoint出力が可能
  • PDF出力はできない
  • 帳票の複数枚登録が可能
  • リーズナブルな価格設定
  • 設定がややこしい


公式サイト:ドキュトーン

3つの帳票出力プラグインの比較表

それぞれの帳票出力プラグインの特徴をまとめてみました。

 プリントクリエイターRepotoneUドキュトーン
月額利用料
(最上位プラン)
14,000円/ドメイン15,000円/ドメイン980円/1ユーザー
アップロード可能
な書式
PDFのみPDF・ExcelWord・Excel・PowerPoint
複数枚出力〇(最上位プランのみ)〇(最上位プランのみ)
個別出力
一括出力〇(最上位プランのみ)〇(最上位プランのみ)×
出力上限・個別 無制限
・一括 月10,000枚
(最上位プランのみ)
・10,000枚
(個別、一括あわせて)(最上位プランのみ)
・無制限
(個別出力のみ)
ポイント他のトヨクモ製品との相性◎下位プランは買い切り型利用者数は5名~

帳票出力プラグインの比較表


※さらに詳しい機能については、公式サイトをご確認ください。

kintoneよりも安く帳票出力できるサービスを紹介!

これまでは、有料プラグインを使って帳票出力する方法を紹介してきました。しかし・・・

「kintoneの基本料も高いのに、別途プラグインの費用もかかるとなると、予算的に厳しい」

「うちは利用者数が多いから、一人あたりの費用をもっと抑えたい」


このように考える企業も多いのではないでしょうか。

そんな方々にオススメしたいのが、kintoneから別のサービスへ乗り換えるという方法です。


使い慣れてきたkintoneから、別のサービスに乗り換えるというのは、正直、勇気のいる決断かと思います。
ですが費用的にメリットの大きい話ですので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

kintoneに類似しており、帳票出力が標準機能に装備されているサービスがありますので、紹介します。

PigeonCloud(ピジョンクラウド)

シンプル操作で誰でも使える!コスパ重視の企業にオススメPigeonCloud

PigeonCloudは株式会社ロフタルが提供する、クラウド型のWebデータベースサービスです。

kintoneに類似した機能性を持っているので、基本的には、kintoneで出来ていたことがPigeonCloudで出来なくなるという心配は要りません。

そして前述しましたが、PigeonCloudは、標準機能に帳票出力機能を装備しています。

PDFとExcelから帳票のアップロードが可能ですので、普段お使いのひな型で、帳票を作成することができます。また帳票の複数枚登録も可能なので、請求書や納品書、契約書などもスムーズに出力することができます。

また基本料がkintoneよりも安価であることや、サポートが手厚い点が大きなメリットとなります。

kintoneではコンサルに依頼をしなければいけないような、データ構築やシステム運用についても、PigeonCloudは無料でサポートすることが可能なので、ご担当の皆様にとっても心強いサービスではないでしょうか。

kintoneには、社内のコミュニケーションを活性化させる仕組みが施されています。コミュニケーション機能を重要視する場合は、PigeonCloudではなく、kintoneの方が適しています。

kintoneとPigeonCloudの機能の比較については、こちらの記事が参考になると思いますので、ぜひご一読ください。

「kintoneに似ている製品って何があるだろう」「kintoneと同じくらいのクオリティで、もっと安価なサービスってないかな?」「自社に合ったWebデー...


月額利用料
  • 一人あたり:300~1,000円(月額)
    ※プラン選択なし


特徴・注意点

  • ExcelとPDFから帳票出力が可能
  • 帳票を複数枚、登録できる
  • 価格が安い
  • kintoneと類似した機能性
  • データ容量は100GBまで
  • 手厚いサポート体制
  • コミュニケーション機能を重視するならkintoneを


公式サイト:PigeonCloud

帳票出力と同じように、kintoneには「ルックアップ自動取得」や「メール送信機能」も標準装備されていません。PigeonCloudはどちらも標準装備しています。興味がある方がこちらの記事もぜひ。

「kintoneを自動でルックアップするにはどうしたらいいの?」「今まで手動でルックアップしていたけど、自動で行えるようにしたい!」「手動のルッ...


「kintoneの標準機能でメール送信ができない!」「メール送信のプラグイン導入を検討している」「kintoneよりも安くて、メール送信ができるサービ...

「kintone」と「帳票出力プラグイン」と「PigeonCloud」の価格を比較

では、実際にkintoneを使う場合と、PigeonCloudを使う場合で、それぞれの月額利用料を比較してみましょう。
プラグインについては、利用料が安価である「ドキュトーン」を想定して計算してみました。

実際にかかる月額利用料を、利用者数別で計算しています。

すると、PigeonCloudの低価格が際立つ結果となりました。

 10人30人50人70人100人
kintone(単体)15,000円45,000円75,000円105,000円150,000円
kintone+ドキュトーン24,800円74,400円124,000円79,100円248,000円
PigeonCloud10,000円19,500円27,500円35,500円47,500円

利用者数別 月額利用料の比較表


月額利用料まとめ
  • kintone(単体) 1,500円/一人あたり
  • kintone+ドキュトーン 2,480円/一人あたり(1,500円+980円)
  • PigeonCloud 300~1,000円/一人あたり


上の比較表では、帳票出力のプラグインとして「ドキュトーン」を想定しましたが、別のプラグインで比較したとしても、PigeonCloudの低価格に勝るものはありません。

おわりに

この記事では、kintoneで帳票出力する方法を紹介してきました。

最後に紹介したのはkintoneの活用ではなく、類似製品への切り替えでした。


繰り返しになりますが、PigeonCloudはkintoneの類似製品です。基本的には、kintoneと同じ機能を有しています。

ですが帳票出力など、kintoneに物足りない機能が、PigeonCloudには標準的に装備してあるという違いもあります。kintoneだとプラグインを使わなければならず、追加で費用がかかるところ、PigeonCloudならより安価に帳票出力を実現することができるのです。


「より安価に帳票出力したい!」こんな風に思っていただいた方は、ぜひ一度PigeonCloud公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。


参考記事

「kintoneの導入を検討しているけど、使っている人の評判や口コミが気になる」「kintoneってどんな企業に向いているんだろう」「自社に合ったクラ...


kintoneと類似したWebデータベースサービス!コスパ重視派はこっち!PigeonCloud

この記事を書いた人
PigeonCloud編集部 PigeonCloud Editorial Department
データベースやExcelに関するお役立ち情報を発信中です! ITを通して、皆さまの仕事に“プラスα”をお届けします。