ブログ
2022.03.23 データベース

【徹底比較】kintoneと類似製品の違いを価格など4つの項目から比較!それぞれの特徴や選び方を解説

「kintoneに似ている製品って何があるだろう」

「kintoneと同じくらいのクオリティで、もっと安価なサービスってないかな?」

「自社に合ったWebデータベースサービスを早く見つけたい!」

このような気持ちを抱いていませんか。

この記事ではkintoneの類似製品を紹介し、kintoneとの比較を通じてそれぞれのサービスの特徴を解説していきます。


この記事を読めば、どのWebデータベースを選べばいいのかはっきりしますので、自社に合ったWebデータベースを検討している方は、ぜひご一読ください!


シンプル操作で誰でも使える!コスパよくデータ管理するなら「PigeonCloud」

超厳選!kintoneと比較したい類似製品を紹介

kintoneは、クラウド型のWebデータベースです。ノーコードなので、誰でも簡単にデータ管理をすることができます。

チームでの情報共有を始め、コミュニケーションツールとしても利用することができます。
また顧客管理や案件管理、勤怠管理、採用管理などさまざまな業務に使うことができます。


ここから紹介する類似製品も、kintoneと同様に次のような特徴があります。

  • データを一元管理できる
  • チーム内で情報共有ができる
  • PCだけでなく、スマホなどのマルチデバイスからアクセスが可能
  • 特別なスキルは必要なく、誰でも必要なときにデータベースを作成・運用することができる
  • 特定の分野向けの製品ではなく、幅広い業務で利用することができる

どのサービスも構築スピードや変更・修正のスピードに大きな違いはありません。



それでは、kintoneの類似製品を2つ紹介していきます。

  1. PigeonCloud
  2.  プリザンター

順番に見ていきましょう。

1.PigeonCloud(ピジョンクラウド)


kintoneとほぼ同等の機能を有しながら、低価格を実現!コスパ重視の企業にオススメ!

概要

PigeonCloud(ピジョンクラウド)は株式会社ロフタルが提供する、国産のノーコード型Webデータベースです。

kintoneと類似した機能が特長で、kintoneの機能をほとんど網羅しています。

さらに、価格はkintoneよりはるかに低価格。


シンプルな画面で直感的に操作ができるので、誰でも容易に使うことができます。


データ容量は100GBまでなので、大量のデータを管理している場合も安心して導入することができます。


またベンチャー企業ならではかもしれませんが、非常に柔軟性があります。「この機能を追加してほしい!」という顧客からの要望にも対応できる場合があります。

公式サイトはこちら

PigeonCloudはどんな場面に使えるの?

PigeonCloudは、kintoneと同様に幅広い業種で使うことができます。

たとえば・・

顧客管理/営業管理/問い合わせ管理/在庫管理/売上・経費管理/日報管理/申請管理/案件管理/採用管理・・・

他にもさまざまな業務に利用が可能です。

2.プリザンター


高機能で高いコストパフォーマンスを実現したWebデータベース!

概要

プリザンターは、低価格に使えるWebデータベースです。
オンプレミス型とクラウド型両方に対応しており、オンプレミス型は、多少のプログラミングスキルがあれば無料で使用することができます。


オンプレミス型としても人気なプリザンターですが、今回の記事では、kintoneに合わせてクラウド型に絞って解説していきます。


クラウド型には、複数のプランがあります。なかでもフリープランは3名以下という条件付きですが、無料で使うことができます。

その他のプランでもkintoneと比べ、よりリーズナブルな価格設定となっています。

ですが低価格であるだけに、サポートなどに制限があるのが特徴。

導入後はテンプレートが豊富なので、簡単にデータベースを作成していくことができます。

公式サイトはこちら

プリザンターはどんな場面に使えるの?

プリザンターは、kintoneと同様に幅広い業種で使うことができます。


たとえば・・
顧客管理/案件管理/プロジェクト管理/インシデント管理/日報管理/報告書管理/営業管理/在庫管理/採用管理・・・


他にもさまざまな業務に利用が可能です。

kintoneと類似製品を、価格など4つの項目から徹底比較

ここからはkintoneと類似の2製品を、4つの項目に分けて比較をしていきます。

  1. 価格
  2. 機能性
  3. 導入のしやすさ
  4. サポート体制


順番に見ていきましょう。

【比較1】kintoneと類似製品を「価格」で比較

kintoneと類似製品を価格から比較していきます。

月額利用料だけを比較するのではなく、ユーザー数別で、月額に実際にかかる費用を比較していきます。

 10人30人50人70人100人150人
kintone
(ライト)
7,800円23,400円39,000円54,600円78,000円117,000円
kintone
(スタンダード)
15,000円45,000円75,000円105,000円150,000円225,000円
PigeonCloud10,000円19,500円27,500円35,500円47,500円62,500円
プリザンター5,000円15,000円25,000円35,000円50,000円75,000円

月額利用料から見る「価格」比較表

各社の月額利用料まとめ

kintone

  • ライトコース 780円/一人あたり
  • スタンダードコース 1,500円/一人あたり

PigeonCloud ※プラン選択なし

  • 300円~1,000円/一人あたり

プリザンター ※クラウド版

  • フリープラン 無料(3名まで)
  • ライトプラン 1,000円/組織ごと(10名まで)
  • スタンダードプラン 500円/一人あたり(10名から)
  • 専用環境 別途問い合わせ


kintoneのスタンダードコースやライトコースよりも、PigeonCloudやプリザンターの方が安価であることが分かりますね。

また各社、オプション機能を付けるとここからさらに費用がかかります。

単に利用料だけでなく、自社で使いたい機能が基本機能に備わっているかという点についても、あわせて確認するようにしてください。

【比較2】kintoneと類似製品を「機能性」で比較

各サービスの機能性を比較していきます。

 

 kintone(ライト)kintone(スタンダード)PigeonCloudプリザンター
コメント
自動計算・集計
通知
グラフ作成
帳票出力×△別料金△別料金
ルックアップ
自動取得
×△別料金×
自動バックアップ×△別料金×
アクセス権限
変更履歴
画像、添付ファイル△別料金
IPアドレス制限△別料金
コミュニケーション
自動採番×△別料金
計算式の関数約30個約30個約30個△別料金

「機能性」の比較表


※表の「別料金」と記載しているものは、「別途費用が発生するが、外部サービスとの連携によって利用が可能」という意味を表します。

kintoneはライトコースとスタンダードコースをそれぞれ比較しています。

ライトコースとスタンダードコースの主な違いは、機能を拡張できるかどうかという点です。スタンダードコースであれば、外部サービスとの連携やプラグインが可能となり、出来ることが広がります。

またコミュニケーション機能はkintoneが特化しています。SNSのように「いいね!」を送ることができるなど、社内のチームワークを活性化させたい場合は、kintoneが優れています。

こちらの記事では、kintoneの「ルックアップ自動取得」や「帳票出力」、「自動採番」についてまとめています。参考になると思いますので、ぜひご一読ください。

「kintoneを自動でルックアップするにはどうしたらいいの?」「今まで手動でルックアップしていたけど、自動で行えるようにしたい!」「手動のルッ...


「kintoneで印刷をしようと思ったけど、上手くできなかった」「口コミで「kintoneの印刷機能は弱い」と知って、導入が心配」「自社独自のフォーマ...


「kintoneの標準機能で自動採番ってできるの?」「お得に自動採番機能を使いたい」「自動採番機能がついているデータベースソフトを教えてほしい!...

【比較3】kintoneと類似製品を「導入のしやすさ」で比較

kintoneと類似製品を「導入のしやすさ」から比較していきます。


データ移行サービス導入相談無料トライアル
kintone×
PigeonCloud
プリザンター××

「導入のしやすさ」比較表

PigeonCloudでは独自でデータ移行システムを開発しているため、無料で既存データを移行することができます。

既存データを別ソフトへ移すことは、自力で行うと非常に多くの時間を要しますので魅力的なポイントです。

kintoneやプリザンターについては公式では移行サービスを行っていませんが、代行業者に依頼をすれば別途費用(数十万円~)がかかりますが移行支援を受けることができます。


導入相談についてはkintone、PigeonCloudともに電話、メール、オンライン相談を実施しており、導入前の疑問や不安を解消できる窓口が用意されています。

【比較4】kintoneと類似製品を「サポート体制」で比較

kintoneと類似製品を「サポート体制」から比較していきます。

 メール電話オンライン相談導入後支援
kintone導入前〇
導入後×
PigeonCloud
プリザンター
(必ず回答が得られるものではない)
×××

「サポート体制」の比較表


比較表を見ると、プリザンターはサポート体制が手薄なように見えます。

しかし、別途「サポートサービスプラン」が用意されており、契約するとWebフォームやメールでの問い合わせが可能になります。

プリザンター「サポートサービスプラン」概要


  • ミニプラン 180,000円/年額 問い合わせ件数5件まで
  • ライトプラン 280,000円/年額 問い合わせ件数10件まで
  • スタンダードプラン 750,000円/年額 問い合わせ件数30件まで


kintoneとPigeonCloudは無料でサポートを受けることができます。
手厚くサポートを受けたいのなら、kintoneやPigeonCloudを選びましょう。


kintoneの導入後支援ではセミナーや動画で各自のスキルアップができたり、電話やメールで問い合わせができるなど、非常に充実しています。

一方PigeonCloudの導入後支援は、電話やメールはもちろんSlack、LINE、ChatWorkなど普段使い慣れているツールから、気軽に問い合わせができるようになっています。またオンライン面談は導入前後で行うことができます。

「操作につまづいてしまった」
「社内にサービスを浸透させるためにはどうしたらいいのか」
「こんなことをやりたいのだけど、どうしたら実現できるのか」
といった悩みを抱える、ご担当の方は多いと思います。このような悩みは一人で抱えず、ぜひ提供会社へご相談ください。

こちらの記事でもWebデータベースの比較を行っております。kintoneについても記載しておりますので、ぜひご一読ください。

「データベースソフトって種類がたくさんあって何がいいか分からない」「データベースソフトの選び方を知りたい」「おすすめのデータベースツール...


「本格的にデータ管理を行っていきたい」「エンジニアがいなくても使えるソフトを知りたい」「おすすめソフトの価格・特徴をざっと教えてほしい」...

kintoneと類似製品の比較を通して、それぞれを選ぶべき人を解説

機能的には3製品とも同じようなことができるのですが、比較してみたところ様々な点に違いがありました。

ここからは、どのサービスを選ぶべきなのかについて、詳しく解説していきます。

kintoneを選ぶべき人

多くの企業に導入されて、知名度の高いkintone。

そんなkintoneを選ぶべき人はこのような方だと言えるでしょう。

  • 動画やセミナーなどを使って知識を付けたい方
  • コミュニケーション機能で、社内のチームワークを改善させたい方
  • 費用の高さに問題がなく、サポートも手厚く受けたい方

PigeonCloudを選ぶべき人

PigeonCloudはkintoneと比べて機能が上回るところもあり、より安価に利用できることが分かりました。

そんなPigeonCloudを選ぶべき人はこのような方だと言えるでしょう。

  • kintoneの価格に躊躇している方
  • 安価に高機能なデータ管理を行いたい方
  • 帳票出力やルックアップ自動反映など、高度な機能を使いたい方
  • データ移行を無料で行いたい方
  • 手厚くサポートを受けたい方

プリザンターを選ぶべき人

手ごろな価格で高機能を有したプリザンターは、注目のWebデータベースです。

そんなプリザンターを選ぶべき人はこのような方だと言えます。

  • 低価格に高機能なWebデータベースを使いたい方
  • 3名以下でサービスを使いたい方
  • 分からないことがあってもマニュアルなどを使って自力で解決できるという、ITリテラシーの高い方

最後に、皆さまへメッセージ

今回の記事では、kintoneの類似製品を紹介して各社の違いを見てきました。

繰り返しになりますが、kintone、PigeonCloud、プリザンターともに、おおまかに出来ることは同じです。

ですが細かく見ていくと、それぞれの項目に違いがあることが分かりました。


サービス選びでは「自社がこだわりたいポイント」を明確にしていただければ、おのずとピッタリくるサービスが見えてくると思います。


この記事を通して、皆さまがより良いサービスに巡り合えることを願っております。

最後に、HPを見ているだけでは分からないことがたくさんあります。そんなときは、ぜひ提供会社へ問い合わせをしてみてください。

PigeonCloudでは、問い合わせフォームやオンライン相談からお気軽にご連絡いただけます。この記事を通して感じた疑問点など、ちょっとしたことでも構いません。

皆さまからのご連絡をお待ちしております。


シンプル操作で誰でも使える!コスパよくデータ管理するなら「PigeonCloud」

参考記事

「kintoneの標準機能でメール送信ができない!」「メール送信のプラグイン導入を検討している」「kintoneよりも安くて、メール送信ができるサービ...


「kintoneの導入を検討しているけど、使っている人の評判や口コミが気になる」「kintoneってどんな企業に向いているんだろう」「自社に合ったクラ...


「Webデータベースってどういう意味だろう」「Webデータベースのメリットや選び方を知りたい」「効率的に仕事ができるシステムを見つけたい」この...


「ExcelってWeb化できるの?」「Excelの管理に限界を感じるけど、Excelをクラウド管理できるサービスってどんなものがあるだろう」「複数のクラウ...


「Excelのデータをデータベース化したい。」「できるならフリーでやりたい!」こういった方におすすめのソフトが ”プリザンター” です...

この記事を書いた人
PigeonCloud編集部 PigeonCloud Editorial Department
データベースやExcelに関するお役立ち情報を発信中です! ITを通して、皆さまの仕事に“プラスα”をお届けします。