ブログ
2023.06.22 データベース

【必見】Accessの活用事例5つ!実際の口コミや類似サービスについて解説

「Accessってどんなときに使えるの?」

「Accessの活用事例を知りたい」

このような気持ちを抱えていませんか。


Accessとはマイクロソフト社が提供するデータベースソフトです。


Accessを使えば企業や組織のあらゆるデータを一元管理できるため、利用を検討している方も多いのではないでしょうか。


この記事では、Accessの良いところや注意点、活用事例について解説していきます。

Accessについて関心のある方は、ぜひご一読ください!


シンプル操作で誰でも使える!コスパの高いデータベースソフトは「PigeonCloud」

Accessとは?

Accessとは、ExcelやPowerPointなどを提供しているマイクロソフト社が開発したソフトです。


Accessの特徴は、「データ管理に特化している」ということが挙げられます。


Excelは「表計算ソフト」なのに対し、Accessは「データベースソフト」です。

Excelは、表や計算、簡易的なデータをまとめることに適しているのに対し、Accessは大量のデータを管理・保存していくことができます。


検索や抽出、解析作業にも適しており、処理スピードも速いため、あらゆるデータを効率的にまとめていくことができます。


「Accessは時代遅れ?」「これからAccessを使い始めるってどうなの?」「Accessを使っている人の評判・口コミを知りたい」こんな気持ちを抱いてい...

Accessの良いところ・活用すべきケース

Accessの良いところは、多くのデータを扱えることにあります。

容量は2GBあるため、Accessひとつでたくさんのデータを保存・管理していくことができます。


また、Excelは個人利用が推奨されるソフトなのに対し、Accessは複数人での利用が可能です。

データの共有ができるので、小規模チームにぴったりなソフトです。


Excelからデータのインポート・エクスポートも可能なので、普段からExcelを利用している方であれば、使い勝手が良いでしょう。


Accessを活用すべきケース
  • データを一元管理したい場合
  • 2GBに収まる程度のデータを管理したい場合
  • 個人または小規模チームの事業
  • Excelのデータをインポート・エクスポートしたい場合


Accessの注意点・活用しない方が良いケース

残念ながらAccessは、気軽に利用できるツールではありません。

開発・設定するのに専門知識が必要になるのです。


そのため、「明日から使ってみよう」と思い立っても、なかなか実行できないでしょう。

初心者ですと、参考書を買うなどして知識を付けていくことから始めなければいけません。


また、Accessは大規模チームには向いていません。大人数での操作には適していないのです。

大人数で利用したい場合は、他社のデータベースソフトを検討してみましょう。


さらにクラウドサービスではないので、スマホやタブレット、社外からの利用も基本的にはできません。


Accessを活用しない方が良いケース
  • 専門知識がない場合
  • 大人数で利用したい場合
  • スマホ、タブレット、社外からの利用を求める場合


「脱Accessをすべきか分からない」「脱Access後、どんなソフトを使えばいいの?」「コストパフォーマンスの高いサービスを知りたい!」こんな気持...

Accessの活用事例を5つ紹介

続いてAccessの活用事例を解説していきます。


Accessは社内のあらゆるデータを管理することができます。

紹介するケース以外にも様々なデータ管理が可能となります。ここでは一例として5つ紹介していきます。

1.顧客管理

まずはAccessを使って顧客情報を管理する方法です。


ただ顧客の情報を管理するだけでなく、顧客との契約状況や受発注状況を紐づけて管理することができます。

Accessを開くだけで、現在の顧客との状況を一目で確認することができ、ミスの減少や時短につながるでしょう。

2.売上管理

売上の状況もAccessで管理していくことができます。


毎日の売上データを入力することで、売上情報が蓄積されデータベースが完成します。

過去データとの比較や現状の分析を行うことができるので、企業の業績拡大に寄与できるでしょう。

3.勤怠管理

ひとりひとりの社員の勤怠状況を登録していくこともできます。


出勤・退勤の時間や休憩時間、休暇の申請などを総務が直接管理するのは大変です。

Accessで勤怠管理のデータベースを作成することで、各社員がそれぞれの勤怠情報を入力することができます。

4.在庫管理

在庫のように常に変動のあるデータはAccessのような「データベースソフト」で管理するのがマストです。


Accessなら複数人でデータを管理することができますし、リアルタイムで在庫状況を把握することができます。適切な受発注業務にもつながります。

5.帳票作成業務

Accessでは、請求書や見積書、納品書、明細書などの帳票を作成する機能があります。

複数枚の書式を登録・作成することもできます。


印刷用だけでなくPDFにも対応しているので、ケースバイケースで利用することができます。

Accessの活用事例を口コミから調査

ここまでAccessの活用事例を紹介してきました。

では実際にAccessを使っている人は、Accessに対してどういう認識を抱いているのでしょうか。


そこでここからは、Accessの良い口コミとその活用事例、悪い口コミについて解説していきます。

Accessの良い口コミや実際の活用事例

Accessを活用している人が、実際にどんな業務に利用しているか、またはAccessに対してどのような良い意見を持っているかを調査しました。


Accessの良い口コミ・具体的な活用事例
  • 費用が安く、コストパフォーマンスが高い
  • Excelでは処理しきれない膨大なデータを集計、連携、蓄積、分析できる
  • Excelよりも圧倒的に高速でデータを探し出せる
  • これまでは紙で発注業務を行ってきたが、Accessでシステム化したところ業務効率化に繋がった
  • Excelよりも処理速度が速い
  • 自社商品や取引先情報の管理にAccessを活用している
  • 会計関連業務の際に、振替伝票の起票や回収管理表の作成などにAccessを活用している
  • 帳票機能、請求書の作成においてAccessを活用している
  • 業務日報の作成にAccessを活用している
  • 年末調整の資料作成にAccessを活用している


Accessの悪い口コミ

一方、Accessに不満を持っている意見も多くありました。まとめていきます。


Accessの悪い口コミ
  • 実務に活用するには専門知識が必要であり、敷居が高い
  • マイクロソフト社のアップデートにより度々不具合が生じる
  • アップデートにより、今まで使用できていた数式が使えなくなってしまうことがある
  • ファイルが壊れてしまうことがあるので、定期的なバックアップが必要
  • 初心者が直感的に使うことは難しく、習熟するには一定の学習時間が必要
  • 大人数での処理に弱い
  • Accessの知識がある社員が職場から離れた際、Accessが正常に作動しなくなったため、業務が滞った


「Accessって何?」「Accessって何ができるの?」「Accessでどんなデータを管理できるのか知りたい」こんな気持ちを抱えていませんか。Accessはマ...

Accessの類似サービスを紹介

実際にAccessを利用している人のなかには、Accessに対してネガティブな意見を持っている人もいました。


たとえば

「Accessを利用するには専門知識が必要」

「敷居が高い」

「大人数で利用したい」


これらの不満を解消する類似製品を紹介します。


次の製品はクラウド型のデータベースソフトなので、大人数でも差し支えなく利用することができます。

さらにノーコードなので専門知識を持っていなくても利用が可能。導入のハードルが低い製品となります。


詳しく見ていきましょう。

PigeonCloud(ピジョンクラウド)

PigeonCloud(ピジョンクラウド)は、株式会社ロフタルが提供するクラウド型のデータベースソフトです。

こちらの製品は、Accessと同じ用途に使うことが可能です。


PigeonCloudの魅力は、「低価格」・「標準機能の充実度」・「サポート力」です。


PigeonCloudは有料のデータベースソフトのなかでもとりわけ低価格なので、コストを重視する場合にオススメ。


また他社では別途費用がかかるような、「帳票出力」や「ルックアップ自動取得」、「自動採番機能」など高度な機能が標準装備しています。


PigeonCloudはまだまだ知名度の低い製品ですが、コスパが高く機能も充実しているため、「なるべく予算は抑えながらも良いものを使いたい!」そんな方にぜひ使っていただきたいソフトとなっています。


価格(月額利用料)
  • ユーザー数プラン 800円~1,000円/一人あたり
  • 同時ログインプラン(利用者数は多いけれど同時に接続する人は少ない場合、お得に利用できる)


おすすめポイント
  • データ容量100GB
  • 低価格
  • サポートが手厚い
  • 標準機能が充実
  • ノーコード
  • データ分析機能
  • メルマガ機能などMA機能が装備
  • スマホ、タブレットOK
  • メッセージツールとの連携
  • 直感的な操作性
  • 社内のデータを一元管理
  • クラウド型、オンプレミス型に対応可能
  • リマインダ機能、帳票出力
  • ISMS認証取得


公式サイト:PigeonCloud

まとめ:Accessの活用事例

この記事では、Accessの良いところや注意点、活用事例などを解説してきました。

Accessは顧客管理や売上管理をはじめ、さまざまなデータを管理することができます。


しかし、大人数での利用やスマホ・社外からの利用など、向いていないことや出来ないこともあります。


もしかしたら、この記事を読んでAccessを使うことに不安を覚えた方もいるかもしれません。

そんな方はAccessだけでなく、他のデータベースソフトも検討してみてはかがでしょうか。

「データベースソフトって種類がたくさんあって何がいいか分からない」「データベースソフトの選び方を知りたい」「おすすめのデータベースツール...


この記事では、Accessの類似製品を1つご紹介しました。


PigeonCloudについて詳しく知りたいという方は、公式サイトから「資料ダウンロード」や「無料トライアル」を申し込んでみてください。


また公式サイトを見ていても分からないことがあるかもしれません。そんなときは、問い合わせフォームから提供会社に相談してみてくださいね。


シンプル操作で誰でも使える!コスパの高いデータベースソフトは「PigeonCloud」


関連記事

「Accessを使い続けていくべきか分からない」「Accessのデータを別ツールへ移したい」「Accessの類似製品を探している」このような気持ちを抱えて...


「Accessが使いにくい」「Accessの後継となるサービスを探している」「Accessに代わるデータベースってないかな?」このような気持ちを抱えていま...


「Accessって聞いたことがあるけど、どういうものだろう?」「ExcelとAccessの違いってなんだろう?」こんな気持ちを抱いていませんか。「Excelは...


「ノーコードってどういう意味?」「データを効率的に管理できるツールを探している」「ノーコードでデータベースが作れる、おすすめのツールを知...


「Excel管理はもう限界」「Excelと同じ用途のサービスを探している」「脱Excelした方がいいのか分からない」このような気持ちを抱えていませんか。...


「DX導入を検討している」「DXの必要性について知りたい」「DXの導入事例を知りたい」このような気持ちを抱えていませんか。DXという言葉、流行り...

この記事を書いた人
PigeonCloud編集部 PigeonCloud Editorial Department
データベースやExcelに関するお役立ち情報を発信中です! ITを通して、皆さまの仕事に“プラスα”をお届けします。