【初心者向け】データベースを使ったデータの管理方法を一から丁寧に

「扱うデータが増えてきた…。Excelじゃきつくなってきたし、データベースっていうのを導入した方がいいんだろうか」

「データベースを使ったデータの管理方法ってどうしたらいいの?」

「実は、データベースの意味も詳しくはわかっていない」

本記事では、上記のような悩みを解決するため、

  • そもそもデータベースってなに?
  • データベースでデータを管理する方法は?
  • どういう人がどういう管理方法を採用すればいいの?

を解説していきます。ぜひご覧ください。
  

データベースとは

そもそもデータベースというのは何なのでしょうか。実は、データベースとは「データの形式があらかじめ決まってあるデータの集まり」のことを言います。

データ形式って?

ここで、「データの形式」という聞きなれない言葉が出てきましたので、簡単に説明します。例えば、本には、書名(テキスト)・著者(テキスト)・ISBN(数値)などの決まった項目がありますよね。簡単に言うと、これがデータの形式です。

このような、データ形式が固定されている「本」データベースに、ワインの情報を保存するというようなことはできません。データ形式が異なるためです。データ形式を決めてしまうと、決まった種類の情報しか保存できなくなるのです。これは、一見不便に感じますね。

しかし、データ形式を固定することで、コンピューターが扱える(処理できる)ようになるのです。そのため、コンピューターが処理することが前提のデータベースは、データ形式が固定されているデータの集合体なのです。
 

データベースを使ったデータの管理方法

データべースを使った管理方法には、段階があります。目的に応じてどの辺まで導入・整備していくのか考えていくといいでしょう。場合によっては、Excelで十分な場合もあります。データベースを使った管理方法を下記表にまとめましたので、ご覧ください。

データの管理方法対象者
Excel1,000にも満たないデータを扱いたい
DBMS+プログラミングデータベースを様々な形で利用したい。独自の管理画面を作りたい。
データベース管理ツール多くのデータを少人数で扱いたい
管理画面の作成使用者が多い。様々な人が扱うため、権限なども付与したい。

では、それぞれの管理方法について、詳しく解説していきます。
  

DBMSでデータベースの基本的な管理をする

データベースを扱う場合、DBMS(データベースマネジメントシステム)というものが用いられます。データベースを図書館とすれば、DBMSは司書さんにあたります。司書さんに「~~って本ください」といえば目的の本を持ってきてくれますよね。このように、DBMSとは、データベースを扱うのを便利にするためのものです。

便利にといってはいますが、実質DBMSの導入は必須です。DBMSがなければほとんど何もすることができません。

具体的には、MySQL, SQLite, PostgreSQL, Access などがあります。迷ったらMySQLを導入するといいでしょう。イメージとしては、コマンドラインから操作する感じです。

Accessだけちょっと毛色が違いますが、Microsoft Officeの製品なので、使える企業も多いと思います。こちらはサクッとデータベースをローカル環境(オンラインに繋がない環境)で使う分には良いのですが、複数人での処理や、データ数が多くなってくると少し使いにくくなってきます。(データの競合やデータの分割が必要になってくるため)

正直、この状態ではデータベースを扱いにくいです。そのため、プログラミングを行って、独自に使いやすくするか、次に説明する、データベース管理ツールを導入するのが一般的です。
 

データベース管理ツールでさらに管理しやすく


参照:Wikipedia

しかしです。この司書さんは英語(プログラミング言語)しか話すことができません。DBMSを導入した段階では、英語が話せる人しか扱うことができないのです。これを、英語が話せないような人でも扱えるようにする(より簡単に扱えるようにする)ためのものが、データベース管理ツールです。

イメージとしては、上記の画像のようなものになります。

DBMSの種類別に、様々な種類のものが出ています。詳しくは、【有料/無料別】ド定番のデータベース管理ツール5選をご覧ください。
  

管理画面の作成で、誰もが扱えるように


参照:Pigeon Framework

 管理画面というのは、データべースの内容をより見やすく、より綺麗に、誰でも扱えるようにした感じです。図書館でいうと、地元の市立図書館から、国立図書館へのアップグレードという感じです。クライアントさんや、より多くの従業員が見る場合には必須になってくるでしょう。

これまでは管理画面を一からプログラミングして作ることも多かったのですが、今は、便利なテンプレートもたくさん出ています。これを活用しない手はないでしょう。それも無料である程度使えるものも多いです。

詳しくは、本当にシンプルな管理画面テンプレート厳選5+1つ【無料】をご覧ください。

ここまで環境を整えれば、今までのデータベースを使わない環境とは比べ物にならないほどデータを活用できるようになっていることでしょう。

 

まとめ

本記事では、さまざまなデータベースを使ったデータの管理方法を紹介してきました。自分の使用目的に応じて、適切な管理方法を採用しましょう。

弊社では、「管理画面の作成代行サービス」を行っております。既存データを抽出し、管理画面の作成すべてを行うというものです。面倒な作業は弊社にお任せください。PigeonFrameworkを使った管理画面の作成に詳しく記載しておりますので、良ければご覧ください。