ブログ

2020.01.20 雑記

データ管理はWebで!データ種類別のwebサービス4+4つを比較してみた。

「webでデータ管理する方法って何があるんだろう?」

「データ管理webサービスを表でわかりやすく比較してほしい」


今回の記事ではこのような方のために、オンラインデータ管理サービスを「データ種類(目的)別」「有料・無料別」で表形式比較しています。ぜひご覧ください。


写真や音楽等 色々な形式のファイルをwebに保存したい

様々な種類の形式のファイルをwebに保存したいのであれば、オンラインストレージ(web上のUSBみたいなもの)を使うのがおすすめです。

具体的には、写真や動画や音楽等プライベートで使うような雑多なデータをwebで管理したい場合ですね。

オンラインストレージは、いろいろな種類の企業が提供していますので、有名サービス無料版の特徴を下記表にまとめました。




無料容量

保存期間

1ファイルの最大サイズ

Google Drive

15 GB

無期限

10 GB

Drop box

2 GB

無期限

0.3 GB

One Drive

5GB

1年ログインなし→削除

0.3 GB 

MEGA

50 GB(30日以降は15GB)

3か月ログインなし→削除可能性

無限


上記の通り、MEGA という2013年に設立されたニュージーランド企業のサービスがお得です。日本ではあまり知られていない企業ですが、世界で1.5億ユーザーを抱えている大企業です。

次にお得なのが、Google Drive です。MEGAほどのお得感はないのですが、なんせあの Google がやっているサービスですので、安心感と親しみが違います。Googleアカウントでサービスを利用できたり、サービスを始めるのも簡単ですし、その他多くあるGoogleサービスとの連携が可能です。

 

有料版の比較(プラン一覧)

次に、有料版の料金を比較したものは下記になります。


Google Drive

100GB - 月 250円

200GB - 月 380円

2,000GB - 月 1,300円

Drop box

2,000GB - 月 1,200円

3,000GB - 月 2,000円



One Drive

100GB - 月 224円





MEGA

400GB - 月 605円

2,000GB - 月 1,212円

8,000GB - 月 2,424円


顧客・商品データ等 Excelで扱うようなデータをwebで扱いたい

同じようなデータが大量にあるようなデータを管理したいときは、データベース化 (詳しくは、データベース化とは?メリット・必要性・やり方を丁寧に解説) し、webで管理するのがおすすめです。

おすすめサービス4種類の料金と機能・特徴は別記事の データをクラウドで管理するための4つのおすすめサービスまとめ でまとめております。

ちなみに、弊社の ピジョンクラウド もお勧めしております。 


まとめ

データをwebで管理することで、共有が楽になり、どこからでもアクセスすることが出来るようになります。データはwebで管理し、大きなメリットを享受しましょう。