【実践】Excelをフリーソフト”プリザンター”でweb化してみた【写真多め】

「ExcellのデータをWeb化したいな~」

「できるならフリーでしたいな~」

こういった方におすすめのソフトが ”プリザンター” です。なんと、プリザンターを使ってExcellのデータを簡単にWeb化してしまうことが出来ました。

こちらの記事では、具体的にExcellのデータをフリー(オープンソースソフトウェア)のプリザンターを使ってWeb化する様子をご紹介します。
 

プリザンターって??

プリザンターは、「マウス操作だけで素早く簡単にWebアプリを作成できる」が売り文句の、OSS(無料のソフトウェア)です。

プリザンターには、ダウンロード版(完全無料)クラウド版(3人まで無料)が存在します。今回の記事では、より簡単にExcellのWeb化を行える「クラウド版」を用いて、ExcellをWebアプリ化する様子をお見せいたします。
 

プリザンターを使ったExcellのWeb化(使い方)

ユーザー登録(クラウド版のみ)

クラウド版を使う場合のみ、ちょっとしたユーザー登録がありますので、まずはそちらを行います。といっても、簡単3ステップですぐに終わります。

  1. https://pleasanter.net/Account/Register でメールアドレスとパスワード設定
  2. 届いたメールから、本登録画面に移行
  3. 各種情報(5項目程度)を入力し、本登録

こんな感じです!ユーザー登録が終わったら、さっそく使っていきましょう!
 

テーブルを作成

下記がプリザンターのトップ画面です。

こちらの画面の上部中央に、[+新規作成] というボタンがあるのがわかりますね!これが新規にテーブルを作成するためのボタンですので、こちらを押します。

すると、上記のようにずらりとテンプレートが出てきます。すごい数のテンプレートがありますね…。今回は、商品リストを管理しているExcellをWeb化するという設定で使っていきますので、「商品情報」というテンプレートを使うことにします。

テンプレートを選択した後、最下部の [作成] ボタンを押します。

すると…

なんと、もうテーブルが完成してしまいました!!では、いよいよExcellのデータをこちらのテーブルに移行していきましょう!
 

エディタの編集

ここから、テンプレートのテーブルをオリジナルのテーブルに編集していくのですが、その前に今回扱う元のExcellデータを確認しておきましょう。

今回扱うExcellデータは下記になります。

今回のプリザンターを紹介するにあたって作成した、架空の商品データリストになります。(名称と値段は実世界通りで、世界で最も高価な16の物質を参照したものです。)

こちらのExcellデータは、先ほどのテンプレートと少しカラム名が異なりますので、テーブルの変更を行っていきます。

こちらが、テーブルの編集画面です。作成したテーブルの画面から、

管理→テーブルの管理→エディタ

の順にクリックしていけばこの画面に到達します。左側に表示されている項目が、現在設定されているカラムの名称です。今回の場合、[価格] [状況] のカラム情報がExcellデータと異なりますので、こちらを編集していきます。

まずは、[価格] のカラムを変更していきましょう。該当のカラムをクリックして、[詳細設定] というボタンをクリックすると、編集画面に飛べます。

今回は上記のように変更しました。ここで一番大事なのが「表示名」でして、名称をExcellの方と合わせないと後でデータのインポートができません。

では、販売状況の方も変更していきましょう。

販売状況のような、選択肢が決まっている項目も、上記のように作成することが可能です。デフォルトでは、販売中と販売終了しかなかったため、「停止中」「販売中止」を独自に追加しました!

では、変更状況を保存して、最後にデータの注入を行っていきましょう。
 

データのインポート

データをインポートする際に注意しなくてはいけないのは、ExcellファイルをCSV(カンマ区切りの)ファイルに変換しなくてはいけないことです。

といっても、

  1. Excellで変換したいファイルを開く
  2. 名前を付けてファイルを保存
  3. csvで保存する

とするだけで、簡単にExcellファイルをCSVファイルに変換することが可能です。

 

では、データのインポートをしましょう。やり方は簡単で、

  1. テーブル画面に行く
  2. 画面中央下 [インポート] をクリック
  3. CSVファイルを選択し、インポート

だけでOKです。すると、、、

このように、データのインポートがすぐに終わりました。ちゃんとデータが注入できていますね!

プリザンターには、ソート・フィルター等のExcellで使えるような基本的な機能はそろっているようです。試しに、販売状況が販売中のものだけを表示するようにフィルターを掛けてみると、

問題なく、販売中のものだけを表示させることが出来ました!ウェブなので、もちろんスマホからの閲覧もできました。
 

まとめ

プリザンター自体は無料でここまでの管理ツールが出来ることが確認できました。

メリット

  • オープンソースのため無料
  • JavaScript・スタイルのカスタム適用機能等、細かいカスタマイズが可能
  • 機能が豊富

デメリット

  • 今回はクラウド版を使ったが、自社サーバーにインストールするためにはエンジニアが必要
  • sql serverのみ対応だが、sql serverは10GB以上は有料
  • デザイン・UIが少し古い
  • 機能が多すぎて逆にわかりにくい。

特に、「機能のわかりにくさ」が気になりました。項目が色々並んでいるのですが、いまいち使い方がわかりません…。公式ドキュメントも存在はするのですが、いまいちわからないなというのが正直なところです。

慣れてしまえば問題ないのだと思いますが、慣れるのに時間はかかりそうです。テーブルのエディタを触っても、表示項目がいまいち変わらないところがあったりしました。

 

実は弊社でもノンプログラミングでスタイリッシュな管理画面を簡単に作成できる PigeonFramework というものをご提供しています。

プリザンターとの違いは、画像が保存できる点や、操作が分かりやすい点、容量が無制限な所などです。

オープンソースとは異なりセキュリティ面も安心で、サポート・カスタマイズ・メンテナンスもすべてお受けすることが可能です。

よければ、こちらもチェックしてみてくださいね。

とりあえずデモを触ってみたい方はこちら(会員登録不要)

より詳しい機能は、PigeonFrameworkの機能をご覧ください。