ブログ
2022.11.15 データベース

【必見】顧客管理の方法4つ!選び方のポイントや、おすすめのシステムを紹介

「顧客管理ってどうやればいいの?」

「顧客管理にはどんな種類があるのだろう」

「自社に合った顧客管理の方法を知りたい」

このような思いを抱えていませんか。


どんな企業であっても顧客管理は大切な作業です。
適切な方法で顧客データを管理していくと、業務が効率化し結果的に社内の売上アップに繋がってきます。


この記事では、顧客管理の種類や方法、その選び方やおすすめツールについて紹介していきます。


これから顧客管理を始める方、またはこれまでの管理方法に疑問を感じている方は、必見です。
ぜひご一読ください!

シンプル操作で誰でも使える!コスパの高いデータベースソフトは「PigeonCloud」

顧客管理とは?

顧客管理とは、自社の顧客の情報をデータベース化して管理していくことを言います。

業種・形態にもよりますが、管理項目は「企業名」、「担当者名」、「所在地」、「電話番号」、「購入履歴」など細かい情報を管理していくことが多いです。

そもそもデータベース化の意味って?データベースというのは、簡単に言うと「集めたデータを、使いやすいように整理した状態」のことを言います。...


顧客管理は、ひと昔前までは「紙」での管理が主流でした。
しかし紙管理だと、このようなデメリットがあります。


  • 紛失のリスク
  • 書き間違い、計算間違い
  • バックアップができない
  • かさばるため、保管スペースの確保が大変
  • 検索ができない


そのため、近年ではパソコンを主とした顧客管理を行う企業が増えています。

顧客管理で押さえておきたい4つの方法

近年の顧客管理では、次のような方法が主流です。


  • Excel
  • Googleスプレッドシート
  • データベースソフト
  • CRM/SFA


順番に紹介していきます。

1.Excel

Excelは「表計算ソフト」ですが、顧客管理を行うことは可能です。

Excelは社内のPCにインストールされていることが多いので、費用をかけずに利用できることが大きなメリットです。


しかしExcelは、大量のデータを保存することができません。

データの数が少量の場合は問題ありませんが、顧客数が増える見込みがある場合や事業規模が大きくなる場合はやめておきましょう。


また、Excelは「そのPC」でしか管理できないという点がデメリットです。
「クラウド化」されていないので、違うPCやスマホからアクセスすることができず、使い勝手が悪いと感じてしまうことも。

Excelメリット
  • 費用がかからない
  • 操作を覚える必要がない
  • ネット環境がなくても操作が可能


Excelデメリット
  • 大量のデータを保存できない
  • 顧客管理のために作られたソフトではない
  • 「そのPC」でないとアクセスできない
  • 複数人での作業が難しい

2.Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートは、Googleが提供している「表計算ソフト」です。
Googleアカウントがあれば、無料で利用することができます。


スプレッドシートは、Excelとよく似た操作性をしています。


しかしExcelと大きく違うところは「クラウドサービス」であるということ。

クラウド化しているので、ネット環境があればどのPC、スマホであってもアクセスすることができます。


またスプレッドシートは、別のツールと外部連携することができます。
Google関連アプリやメッセージツールとデータ連携ができるので、効率的な業務に繋がります。


しかし、これにはプログラミングスキルが不可欠です。
効率よく業務を進めるにはある程度のスキルが求められます。

Googleスプレッドシート メリット
  • 無料で使える
  • Excelと同じ操作感
  • どの端末でもアクセス可能
  • 複数人での作業が可能
  • Googleアプリなど別ツールと連携できる


Googleスプレッドシート デメリット
  • 大量のデータ保存ができない
  • 顧客管理として作られたソフトではない
  • 外部連携など、複雑なことを行うにはプログラミングスキルが必要

3.データベースソフト

データベースソフトは、データ管理を目的とした汎用的なソフトです。
国内ではサイボウズ株式会社が提供している「kintone」が有名ですね。


企業で扱うさまざまなデータを「クラウド上」に一元管理していきます。

データベースソフトはExcelやスプレッドシートと違い、大量のデータを保存することができます。
そのため社内のあらゆる業務を、データベースソフト上に保存することができるのです。

顧客管理や営業支援、タスク管理、議事録管理、勤怠管理、スケジュール管理、在庫管理など幅広い業務に活用することができます。

一方、デメリットは費用がかかってしまうことが挙げられます。

Excelやスプレッドシートと違って費用面ではマイナスですが、本格的にコスパ良く顧客管理を行いたい人には、ぜひ試していただきたいツールです。

データベースソフト メリット
  • 大量のデータを保存できる
  • 多機能のものもある
  • スマホやタブレットなどマルチデバイスからアクセスが可能
  • クラウド管理
  • 在宅勤務や外出先からのアクセスも可能
  • 汎用的に使うことができる


データベースソフト デメリット
  • 費用がかかる
  • 操作方法を覚える必要がある

4.CRM/SFA

顧客管理システムのことをCRM(Customer Relationship Management)と言います。
直訳すると、「顧客関係管理」となり、顧客との関係を良好に保つことを目的とするソフトです。


またSFA (Sales Force Automation)は、「営業支援システム」と言います。
営業に効果的な機能を詰め合わせたソフトです。


CRM/SFAはデータベースソフトよりも営業に特化しており、多機能なものが多いです。


営業を強化するさまざまな機能が付いているので、本格的に顧客管理を行っていきたいという方におすすめ。
ですが高価なものも多いので、予算に余裕のある場合に選択するようにしましょう。

CRM/SFA メリット
  • 営業に特化したソフト
  • 高い機能性
  • スマホやタブレットなどマルチデバイスからアクセスが可能
  • クラウド管理
  • 在宅勤務や外出先からのアクセスも可能


CRM/SFA デメリット
  • 費用がかかる
  • 操作方法を覚える必要がある

顧客管理の方法を選ぶ際のポイント

顧客管理の方法を決める際は、紹介した4つのツールから決めていきましょう。

自社はどのツールが適しているのか、下表であらためて確認してみてください。

 ExcelスプレッドシートデータベースソフトCRM/SFA
価格(一人あたり)インストールの費用のみ無料月額1,000円程度月額2,000円
~10,000円程度
スマホ利用×
セキュリティ
大量のデータ保存××
用途様々な業務に
使えて汎用的
様々な業務に
使えて汎用的
様々な業務に
使えて汎用的
営業のみで限定的
こんな人に
オススメ
個人で少量のデータを扱う場合複数人で少量のデータを扱う場合・コスパの高いソフトを求めている方
 ・一般的な顧客管理や営業支援ができれば問題ないという方
・営業を強化したい!という志がある方
 ・一般的な顧客管理では物足りない方

※データベースソフトとCRM/SFAの「価格」は、製品によって異なります。比較表では目安の価格を記載しています。

データベースソフトとCRM/SFAについては、各社からさまざまな製品が出ています。
これらのなかから、自社に合うものを選ぶときは「価格」と「機能性」で考えていくと良いです。


「価格」については、製品の公式サイトから確認することができますので、予算の範囲内で利用できる製品を選びましょう。


「機能性」については、まず自社で行いたいことを列挙しておきます。


そして、各社の「標準機能」をチェックします。
なかには標準で利用できる機能が少なく、欲しい機能がオプションばかりであったということもあります。


ですので、「基本料金内でどんなことができるのか」といったことは必ず確認するようにしましょう。

こちらの記事では、より詳しい選び方や、クラウド型の顧客管理ツール(データベースソフトやCRM/SFA)について記載しています。ぜひご一読ください。

「クラウド型の顧客管理ツールを探している」「顧客管理ができるソフトのなかから、オススメの製品を教えて欲しい」「現在はExcelを使っているが、...

おすすめの顧客管理システム3選

これまで「Excel」、「スプレッドシート」、「データベースソフト」、「CRM/SFA」と顧客管理の方法を4つ紹介してきました。

顧客管理に適したソフトは「データベースソフト」と「CRM/SFA」ですが、そのなかからおすすめのツールを3つ紹介していきます。

データベースソフトから2つ、CRM/SFAから1つを厳選しました。


  • PigeonCloud(ピジョンクラウド)【データベースソフト】
  • kintone(キントーン)【データベースソフト】
  • Salesforce(セールスフォース)【CRM/SFA】


順番に紹介していきます。

1.PigeonCloud(ピジョンクラウド)【データベースソフト】

PigeonCloud(ピジョンクラウド)は、株式会社ロフタルが提供するクラウド型のデータベースソフトです。
データベースソフトなので、顧客管理以外にもさまざまな用途に利用することができます。

PigeonCloudの魅力は「低価格」と「標準機能の充実」と「サポート力」にあります。


標準機能については、他社ではオプションであるような「帳票出力」や「ルックアップ自動取得」、「自動採番」、アンケートフォームなどで使う「フォーム機能」などが標準装備しています。


シンプルな画面設計で、直感的に操作することが可能です。
ITに不慣れな方でも問題なく操作することができるでしょう。


知名度はまだまだですが、ぜひ試していただきたいソフトです。

価格(月額利用料)
  • 300~1,000円/一人あたり


おすすめポイント
  • 社内のデータを一元管理
  • 低価格
  • サポートが手厚い
  • スマホ、タブレットOK
  • 自動集計・計算機能
  • グラフ化
  • 同時ログインプラン
  • メッセージツールとの連携
  • 直感的な操作性
  • 帳票出力やルックアップ自動取得など、高度な機能が標準装備
  • ノーコード


公式サイト:PigeonCloud

2.kintone(キントーン)【データベースソフト】

kintone(キントーン)は、サイボウズ株式会社が提供するクラウド型のデータベースソフトです。
こちらもデータベースソフトなので、顧客管理以外の用途にも利用することができます。


kintoneの魅力は、「コミュニケーション機能の充実」と「豊富な拡張機能」にあります。


「コミュニケーション機能」については、kintone上で簡単にチームメンバーと連絡をとることができます。
チャットやSNSのような機能も付いていますので、在宅勤務や外出先でも多くのコミュニケーションをとることが可能。


そして「拡張機能」というのは、kintoneの標準機能ではできないことでも、他のサービスと連携することでできるようになることを言います。

これは、他のサービスを別途契約しなければならず費用がかさんでしまうというデメリットがあるのですが、拡張すれば大抵のことはできるようになるので、kintoneの魅力と言えるでしょう。

価格(月額利用料)
  • ライトコース 780円/一人あたり(拡張機能なし)
  • スタンダードコース 1,500円/一人あたり(拡張機能あり)


おすすめポイント
  • 社内のデータを一元管理
  • コミュニケーション機能が豊富
  • 拡張機能が豊富
  • スマホ、タブレットOK
  • 自動集計・計算機能
  • グラフ化
  • 直感的な操作性
  • データごとに自分でアプリを作成
  • ノーコード
  • 認知度の高い製品


公式サイト:kintone


こちらの記事では、kintoneとPigeonCloudの違いについて、詳しくまとめています。ぜひご一読ください。

「kintoneに似ている製品って何があるだろう」「kintoneと同じくらいのクオリティで、もっと安価なサービスってないかな?」「自社に合ったWebデー...

3.Salesforce(セールスフォース)

Salesforce(セールスフォース)のSalesCloudは、株式会社セールスフォース・ジャパンが提供するクラウド型営業支援ツールです。

Salesforceは外国産のツールで、世界的に利用されているCRMです。

Salesforceの魅力は「高機能」であることが挙げられます。


「営業を抜本的に変えていきたい」、「営業部隊を強化させていきたい」という志のある方にオススメのソフトです。

最新のAI機能や、豊富なプラグインで営業活動を効率化します。


一方、Salesforceを使いこなすのは至難の業であるという意見も多いというのが現状。

「Salesforceエンジニア」という言葉があるくらい、Salesforceを運用に乗せていくには大変です。

エンジニアまたは、運用チームを組む必要があると言われています。

そのようなリソースを払ってでも、営業を本格的に強くしたいという方には、これ以上ないソフトになります。

価格(月額利用料)
  • Essentials 3,000円/月(一人あたり)
  • Professional 9,000円/月(一人あたり)
  • Enterprise 18,000円/月(一人あたり)
  • Unlimited 36,000円/月(一人あたり)


おすすめポイント
  • 高機能
  • 最先端のAI機能
  • 柔軟な見込み客管理
  • 一目で分かる画面構成・ダッシュボード機能
  • 豊富なプラグイン(オプション追加機能)


公式サイト:Salesforce

こちらの記事でも、Salesforceを解説しています。ぜひご一読ください!

「Salesforceの導入を検討しているけど、類似製品はどんなものがあるだろう」「Salesforceと類似製品を比較したい」「Salesforceより安価なソフト...

まとめ:顧客管理の方法について

この記事では、顧客管理の方法について紹介してきました。

小規模で顧客管理を行う場合や、個人で少量のデータを管理する場合は、「Excel」や「スプレッドシート」を選択すると費用がかからないのでオススメです。

一方、これから本格的に顧客管理を行う場合は、「データベースソフト」または「CRM/SFA」を選択するようにしましょう。
どちらも顧客管理を専門的に扱うことができるツールです。

製品ごとに機能や価格に違いがあるので、気になった製品があれば、公式サイトから「資料ダウウンロード」や「無料トライアル」を試してみましょう。


また、製品の公式サイトを見ていても具体的にイメージできないことがあるかもしれません。

そんなときは、お気軽に問い合わせフォームから提供会社へ相談をしてみてくださいね。


シンプル操作で誰でも使える!コスパの高いデータベースソフトは「PigeonCloud」


関連記事

「顧客管理に使えるソフトを探している」「自社にどんな顧客管理ソフトが適しているのか分からない」「お得に使える顧客管理ソフトを教えて欲しい...


「コスパの良いCRM(顧客管理システム)ってどれだろう」「うちの会社に合ったCRMの選び方やおすすめを知りたい」「CRMの比較が難しい」このような...


「エクセル操作にあまり慣れていないけど、データ管理を任されてしまった」「今あるデータをもっと効率的に管理していきたい」「どうすれば上手く...


「Googleスプレッドシートで顧客管理を始めようと思っている」「Excelでデータ管理をしていたが、上手くいかなかった」「自社がGoogleスプレッドシ...


「データベースソフトって種類がたくさんあって何がいいか分からない」「データベースソフトの選び方を知りたい」「おすすめのデータベースツール...

この記事を書いた人
PigeonCloud編集部 PigeonCloud Editorial Department
データベースやExcelに関するお役立ち情報を発信中です! ITを通して、皆さまの仕事に“プラスα”をお届けします。